マダム櫻子のワインセラーからお届けする今が旬のお話


by yumewine

ボルドーワイン紀行 機内編

一夜明け、空港にて待つことしばし、諸々の手続きも終え、搭乗。離陸して5分後には高度10000メートル。富士山が見える間見続けて、次に日本列島の海岸線に目をやり、おお地図とそっくりそっくりじゃと妙な感動と興奮。そのうち、中露国境あたりの大河とその蛇行、三日月湖を目にし、これまた教科書どうりじゃ。その雄大さにただ見とれておりました。もしここで事故って落ちたら、このツンドラ地帯に投げ出されたら、救助隊が来る前に私たちは狼のエサ………。と
e0006588_1961838.jpg
そのころより、機内サービスが始まりここからは大宴会。私の不安も雲散霧消。スチュワーデスさんのワゴン車の赤ワインのミニボトルから飛ぶようになくなり(97年は空前の赤ワインブームの先駆けの年)、食前・食中・食後にワインを飲み続け、それでも足りぬと持ち込みのワインまで開けて飲みだすわ、酔うほどに怪鳥の雄叫びのような笑い声も飛び出すわ、さぞやご迷惑をおかけしたのではあるまいか。他の国のお客様方のヒンシュクを買ったのではあるまいかと、今更ながら身の細る思いでございます。ただし、この化け物並みの酔っ払い達の中には私は入っておりませんでした。

そして今不思議に思うのは、なぜワインの抜栓が出来たのかな?
あの当時ソムリエナイフは危険物じゃなかったのかな?
ヨッパライダー達は肌身離さずソムリエナイフ持ち歩いてましたもんね。

高度一万メートルの大宴会。飲みつぶれ眠りに着くまで、延々と続いたのであります。
明日はパリ、ドゴール空港着。
[PR]
by yumewine | 2006-02-15 16:00 | ワイン紀行