マダム櫻子のワインセラーからお届けする今が旬のお話


by yumewine

<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

寒い中のおまつりです

 昨日は、鍛冶屋まつり、そして今日は山まつり。12月の風物詩です。

 鍛冶屋まつりは、トンテンカンのかじ屋さんの意味で、七尾弁ではなまって、かんじゃまつり、山まつりのほうは、製材、大工さんのまつり。

 どちらも、仕事を早めにきりあげて、忘年会兼ねての和倉温泉に行ったり、飲み会開いたり、しゃば中、活気があって、しかもなぜだか、冷え込み厳しく空模様もあられ混じりの大荒れ。

 神様が、黒雲にのって、あられや横殴りのみぞれと共に、降りておいでになるからなのか。

 ともかく昨日、今日無事まつり終了。後は、う様をお迎えするのみ。七尾は伝統を守って、心豊かなおまつりがたくさんあるところです。
[PR]
by yumewine | 2005-12-09 23:47 | 祭りの話
朝から右の手のひらがむずかゆくこりゃあなんか良いことあるしるしだがナ、と思っていたら予感がドンピシャ!東京の、レストラン“ラ・シャンス”の芳原シェフ、私のワインの師匠である鈴木邦士氏のお友だちで、友だちの友だちは、友だちだあ、の法則に従い、私も芳原シェフのお友だちの一人になったのです。彼は酒粕を使ったアイスクリームをも作っていて、その名も大吟醸アイスクリーム、ほのかに吟醸酒の香りと日本酒のテイストが感じられる絶品です。
e0006588_1903797.jpg

で、彼から、この時季になると、手作りのマロンパイかチョコレートケーキが届くんです。箱を開けると、パイの香り、バターの香ばしい香りがふんわり漂ってきて、とっても幸福。ついつい顔もほころび、胃ぶくろも大喜び。

芳原シェフのお店は、東京の千代田区平河町にあり、すぐ近くに国会議事堂、首相官邸があり、お上りさんの私は、いつ通っても「オオー国会議事堂だあ」と目をみはっています。

正統派のフレンチで、どの季節に行っても、おいしい料理が食べられます。ただし、日曜日はお休み。予約入れた方がベター。お料理のことで?とかウムーとか悩んだ時の良き先生であります。

芳原さん、今年も美味しいマロンパイ、ごちそうさまです。やっぱ、友だちの輪っていいねー。
e0006588_1995636.jpg

[PR]
by yumewine | 2005-12-07 19:10 | ワインの輪
e0006588_22344181.jpg

  昨日の夕方から、横殴りの雨、雷、あられ、家をもゆるがす大風(寒い台風?)と、悪天候のフルコースでしたが、ついこの前までの暖冬、ポカポカ陽気はいづこへ?冬来たりなば、春遠からじ。冬の先には明るい春が待ってるんだから、この暗い空もいとしみましょうか。

  で、昨日の日曜日はお歳暮としてワインギフトを求めてのお客様がちらほら。品物選びを一番楽しむのはこの私。国別、予算、お好みなどの条件をいただいていくつか、お作りします。その中からこれを、とお決めになるのはお客様。
e0006588_22403117.jpg

  その時の会話に「2005年のボジョレーって本当に美味しいんですって?」「そうなんですよ。伝説の2003年を上回る最良年でしたヨ」「来年も2005年と同じレベルの出来になる保障はないのヨネエ、そしたら2005年のヌーヴォーやっぱ飲んどこっと」……………………。
  なるほど!そうでありました。今年ほどの上物を毎年飲める保障なんて全くないんだったワ!あらためて、今年の恵みに感謝。
[PR]
by yumewine | 2005-12-05 22:49 | ボジョレー・ヌーヴォー

感謝感謝の雨あられ

e0006588_23374822.jpg


 アタフタバタバタと過ごしてきましたが、日が経つのの早いこと。今日は12月3日。寒くなりました。外はみぞれ………。一週間前はとてもおだやかで、あたたかく、動き回るのも楽でしたワ。そういえば、先週の土曜日は金沢の北国新聞社にて取材を受けました。

 富山の武田さん、小松の森高さん、私の3人でのワインの対談。同じ視点をもつ者どうし、共感したり、身に覚えがあるから話題の情景がよく理解できて楽しいひとときでありました。

 翌日は私のワイン会。ひどく雨も降らず、穏やかでまずまずのお天気でしたかね。私のワイン会、今年で9年目、テーマは若いワインと熟成ワインとの飲み比べ。共通のぶどう品種で仕込まれている2種類のワインが香りも色合いも飲み口もそれぞれ異なり料理との相性もあってそれなりに面白く、且つおいしくお飲みいただけました。若いワインはフレッシュで爽やか。熟成ワインは豊かでまろやか。どちらもうっとりです。

 樽入りのボジョレー・ヴィラージュもこちらも解禁日のものより更においしくタンニンも甘く感じられました。わずかの時間の差でもワインは変わるゾ。面白いナと。東京のレクリューズからこの日に熟成をあわせ、食べごろにしてもらったブリー・ド・モーとロックフォールも格別で“さすが”でございました。

 総じて穏やかで和やかに会が進み、いつも乍らお客様方の穏やかな笑顔がなによりでございました。

 ご参加いただきました皆様心よりお礼申し上げます。来年は10周年、今からみんなで知恵を出し合って更に楽しいものになるようぐわんばりまっす。
[PR]
by yumewine | 2005-12-03 23:37 | ボジョレー・ヌーヴォー