マダム櫻子のワインセラーからお届けする今が旬のお話


by yumewine

<   2006年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 お昼のTGVにてボルドーへ。とさらりと書いちゃあ実もフタもない。モンパルナス駅に向かう前にホテルの近辺を散歩。大通りまでほんの一呼吸。大通りからは凱旋門が、その両側にはびっしりカフェテラスやレストラン、ブティックと朝、じっくり見ていたらレストラン関係のお店はまだ眠りの中、もしくは昨夜の名残りのお掃除中。パン屋さんや菓子屋さんは営業中。シャンゼリゼ通りの並木の電飾は消えてたかナ。

 歩く時は要注意。なんとなればどこもかしこも犬のフンだらけなんだわ。

 お昼前にホテルを出てモンパルナス駅に。そしたらあなた、モンパルナス駅の構内にまで犬のフンがあるのだからアングリです。各TGVの出発時間も結構アバウトで、案内人いわく時刻表はあるのだが、ちゃんとその通りにはいかないようで、遅れるのが当たり前のようで、「一応時間を気にしながらその辺をうろうろしてください。」

 ちゅうことで、駅の構内にある待合室や日本でいうところの屋台(タコ焼きとか立ち食いソバはさすがにない!)、かわいいテント屋根の菓子専門、パン専門、みたいのひやかしたり、コンビニみたいのにも入ってみたり、全部フランス語で書いてあるんやけどなんとなくわかるから人間の使うものは万国共通なんだろうね。

 そうこうしているうちに、それらしい時間にTGV到着。思いのほか正確な時間であったため、散らばっているメンバーを全員集合させるのにあたふた。そしてさあ乗り込みましょう、とホームへ。このホームとっても低くて、レールの砂利石からわずかに高いのみ。そのホームにまで犬のフン、奈良の東大寺や公園の鹿のフンも有名ですが、パリは犬のフン。これも名物って言えるのかな。

 TGVがモンパルナスを出発して、5分もするともう田園地帯。昨日の飛行機からの眺めとあわせ、改めてフランスは農業大国なのだと実感しました。ボルドー着までお弁当の生ハムじゃない、塩味の濃いベーコンみたいの挟んだバゲットに、缶ビールで結構おいしかった。飽きずに車窓眺め、ひまわりの畑、牧草地、そして墓地。ようけぇありました。

 車内は満席で、TGVのトイレ見学に立った時に見たら、スーツケース専用のラックが広くとってあり「 そのラックの中にとってもチャーミングな男の子と女の子が体2つ折りにして座っていました。こんなとき足の長い彼らは大変だわ。
 そんなこんなで3時間くらい経ってようやくボルドーに。夢にまで見たガロンヌ川の鉄橋をガタンガタン走って、その川幅の広さ、水の色(夕んべ大雨かい?水が茶色いゾ)、その水量の豊かさにオォーっと感嘆。
  この川をわたり切ったら、すぐボルドー駅。いよいよボルドー着です。駅の構内はとても広く、「世界の車窓から」で見たことあるような感じの明るくて自然光がよく入るのーんびりした駅で、改札口へ続く階段を登りきった最上段にお迎えの犬のフン。

 先頭の「オォーまただ!」という声になんのことかすぐ察知でき、続く私どもは注意して以後、安全に着地。これより後、歩く時にはすばやくフンチェックをする習慣が身に付きました。バスに乗り込み、これからボルドー市内観光です。発車オーライ。
[PR]
by yumewine | 2006-03-06 19:46 | ワイン紀行

♪おっパリ、我パリ♪

 風邪をこじらせ、風邪薬がよう効いて一日中食っちゃ寝オバサンになり果て二週間。快復を待っていたかの如く、酒蔵ツアー、おまけに溜めこんだ諸々の仕事…をこなしてハタと気づいた。パリ上空で私の飛行機待機中のまんまはや3週間。えらいこっちゃ、こりゃあ早うおろさんと、仲間はアル中で沈没じゃぞ。てなわけで、我飛行機は、パリ郊外、シャルル・ド・ゴール空港見下ろし、着陸体勢に。
 
 パリは午後、されど日本からひきずっている体内時計は午前3:00位。ボーッと窓外見ておりましたら、一面緑の田園地帯。一瞬、我石川の松任平野(前日、小松空港から出ましたので)とダブってしまい、ここは小松じゃないよねとボソボソ言うておりましたら、もう地上に降りちゃって、ゆるゆるとゲートに向かいだし、またまた窓外を見やっておりましたら、おったおった。コンコルドが2機。そんなに大きくはないんだあ。ここはやっぱりフランスやあ。でこのあとから民族大移動のようにトットと飛行機から降りて、入国手続きやって、流されるまま空港の出口に待機中の貸しきりバスへ、そこで初めてパリの風にまともにあたりましたが、どえらい寒い。とても9月の風じゃあないワ。気温が日本より少し低くて、風もあり体感温度がさらに低くなったのでしょうか。この風でガツンと頭にカツが入り、パリじゃパリじゃワハハハとなったわけで、見るもの触るもの(といってもフランスの貸し切りバスの中だけね)珍しく、夫とニコニコ前の方に座って、さあ出発。

 パリのシャンゼリゼ通り、凱旋門のすぐ近くの三ツ星ホテルへ到着するまでずざざーっとパリの街走ってくれましたが、想像と違って道の両端のゴミの多さ、乱雑さにびっくり。パリってゴミの街、なんちゅうこっちゃ!東京の渋谷以上じゃあ。眼が良くって、具体的なゴミの文字まで見えちゃう。マクドナルドのマークがようあったわ。

 とかなんとかで、ホテル・カリフォルニア着。フランスでカリフォルニア、かつてアメリカがカリフォルニア・シャブリの名前でのワインを出していて、本場フランスのシャブリのイメージを損なうから使うナ!ええやんちょっと位、ケチ!のすったもんだがあった事を思い出し、カリフォルニア・シャブリの名前は永久に使えなくなったことを思い出し、でもパリでホテル・カリフォルニアなんだよねと思いつつ、ホテルの我部屋へ。なんとまあ長い廊下に1m間隔で絵が飾られ、ホホウさすがはパリネ。とも思いつつ。花の都、芸術の都。絵描きさんの卵は毎年毎年世界中から来るわけで、九谷焼のおまつりみたいにハイ、まとめてナンボ。みたいに絵も買えるんかなあ。なんて思って、欲しくもないのに夕食もまたしっかりいただいて、明日のボルドー行きに備え、体を長々とのばして、早々にベッドに。明日はヴィアンヴィニュー・モンパルナス駅からTGV(仏の新幹線)にて、ボルドー入り。楽しみ楽しみ。

 
[PR]
by yumewine | 2006-03-05 15:36 | ワイン紀行